料理

余ったみかんは「みかん茶」に! 【レシピ掲載】


2018.12.27

撮影:木村 拓(東京料理写真)

この季節、どこの家にもある果物といえば、みかんです。箱買いしたものの、食べきれずに余ってしまうことも。そんなときに重宝する“耳よりレシピ”を料理研究家の李 映林(り・えいりん)さんが紹介します。みかんを砂糖に漬けた「みかん茶」は、ホットドリンクとしてはもちろん、料理の調味料としても使える、便利でおいしい自家製シロップです。

 

*  *  *

 

韓国では、季節ごとの果物を砂糖やはちみつに漬けて自家製シロップにし、お湯で割って、お茶として楽しむ文化があります。そのため、シロップ自体をお茶と呼ぶのが慣習です。日本の梅シロップと同じようなものですが、飲み物としてだけでなく、調味料として料理の甘みや香りづけにも活用します。今回は、旬のみかんでつくるシロップ「みかん茶」です。みかんは酸味が少なく、水分が出るのに時間がかかるので、酢とレモン汁を加えて風味をアップし、保存性を高めました。

 

材料(つくりやすい分量※)

みかん (小)12コ(正味600g)

きび糖(または砂糖) 200g

レモン汁 1コ分

りんご酢 約カップ2

※すべての材料を半量にしてつくってもよい。

 

飲みごろ:2〜3日後、砂糖が溶けたら。

保存:冷蔵庫で約1か月間。

 

1 みかんは皮をむいて白い筋も丁寧に取り除き、横半分に切る。

2 清潔な保存瓶にみかんを入れ、きび糖、レモン汁を加える。りんご酢を、みかんが完全にかぶるまで注ぐ。ふたをして瓶を揺らして混ぜる。

3 ふたを開け、みかんが浮かないように、丸めたオーブン用の紙をおもしにしてのせる。またはラップでピッタリと表面を覆う。ふたをし、きび糖が溶けるまで常温に2 〜 3 日間おく。きび糖が溶けたらオーブン用の紙を除き、冷蔵庫で保存する。

[全量1150 kcal 調理時間15 分(常温におく時間は除く)]

 

※テキストではみかん茶の活用レシピを紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)