料理

豆板醤をつくってみよう


2018.11.29

撮影:柿崎真子

「えっ! 手づくり⁉」「わっ! おいしい」と、思わず驚く、その正体は……自家製の豆板醤(トーバンジャン)です。いつものマーボー豆腐だって、これ一つでおいしさがグンとアップ。日々の料理がもっと楽しくなる、辛み調味料づくりにいざ挑戦‼ 教えてくださるのは、料理研究家の真藤舞衣子(しんどう・まいこ)さんです。

 

*  *  *

 

本来、豆板醤はそら豆でつくりますが、一年中手に入りやすい大豆を使うと、手軽につくれるのが魅力です。とうがらしを混ぜるときに直接触ると手が痛くなるので、必ず調理用手袋をつけてください。

 

材料(つくりやすい分量/約500g)

大豆(乾) 100g

乾燥米こうじ 200g

粉とうがらし(韓国産・中びき)※ 100g

[常備品]塩

※韓国産がなければ一味とうがらし50gでもよい。その場合は塩60g、大豆のゆで汁カップ1/4にする。

 

1 大豆を一晩おく

2 大豆をゆでる

3 米こうじとゆで汁、塩を混ぜる

4 大豆をつぶす

5 大豆、米こうじ、とうがらしを混ぜる

6 容器に詰めて保存する

 

※写真入りの詳しいつくり方、活用レシピはテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)