料理

余ったゴーヤーを賢くストック


2018.09.01

撮影:木村 拓(東京料理写真)

グリーンカーテンでゴーヤが採れすぎてしまった……そんなときはちょっとの手間で上手にストックしましょう。料理研究家の瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さんが教えてくれました。

 

*  *  *

 

独特の苦みと食感で、この季節の主役になる野菜、ゴーヤー。グリーンカーテンなど、自宅で栽培している人も多いのでは?

 

ゴーヤーはワタから傷んでくるので、新鮮なうちに取り除き、食べやすく切ってから塩ゆでしておくと、本当に重宝します。

 

ゴーヤーの両端を切り落とし、縦半分に切ります。そして、果肉とワタの間に親指の先を入れて、ワタと種を指で除きます。果肉とワタの部分は組織が違うので、指で触ればすぐ境目がわかるはずです。そして5mm幅に切って、熱湯に塩少々を加えてゴーヤーが柔らかくなるまで、大体2〜3分間ゆでます。ゴーヤーの緑が一段濃くなったら1切れ食べてみて、完全に火が通ったらざるに上げて冷水にとり、粗熱が取れたらすぐに引き上げます。水けをきって、冷蔵庫で保存を。このときは絞らず、使うときに料理に応じて余分な水けを絞って使います。

 

しっかり火を通してあるので程よい苦みで、調理時間も短縮できます。厚みも5mmあるので独特の食感も楽しめ、ゴーヤーチャンプルーにしても食べごたえがあります。たっぷり食べて、暑い夏を元気に乗り切りましょう。

 

※材料とつくり方、活用レシピはテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)