料理

トマトはサルサソースにしてストック!


2018.07.31

撮影:木村 拓(東京料理写真)

トマトがおいしい季節です。買いすぎてしまったり、家庭菜園で獲れすぎたトマトは、夏にぴったりのピリ辛ソースにして保存してみませんか? 料理研究家の瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さんが提案します。

 

*  *  *

 

一年中手に入るトマトですが、気温の上昇につれて甘み、うまみともに増します。そのまま食べるのもよいですが、万能に使えるサルサソースにしましょう。今回紹介するのは、トマトの赤、たまねぎの白、青とうがらしの緑で「サルサメヒカーナ」と呼ばれる、メキシコの定番サルサソースです。

 

トマトは7mm角に切り、たまねぎ、青とうがらし、ししとうがらしはそれより少し細かめに刻みます。青とうがらしは辛みが強いので、お好みで量を加減してください。辛いのが苦手ならば、種を取ると、辛みが和らぎます。ししとうがらしは、代わりにピーマンを使ってもよいでしょう。全部混ぜて30分間ほどおき、水けが出てきたら完成です。出てきた汁もおいしいので、余さず使いましょう。

 

サルサソースというと使い方が限定されるように感じるかもしれませんが、この季節の定番のそうめんにかけたり、サラダのドレッシングにしたりなど気軽に使えます。野菜が足りないかな?というときにプラスすれば、栄養バランスも整います。くせのない味ですので、何にでもかけてみてください。

 

※つくり方とアレンジレシピはテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)