料理

ピーマンをむだなく使えるヘタの取り方


2018.07.23

ピーマンと鶏肉のソース炒め。ピーマンは手で大きめにちぎると、味がなじみやすくなります。ウスターソースにしょうゆを加えてご飯によく合う洋風おかずに。撮影:野口健志

彩り野菜として重宝するピーマン。旬の夏には大きめに切って炒めたり、丸ごと焼いたりしてダイナミックに楽しみましょう。甘みや香りなど、ピーマンの魅力を存分に味わえます。高木ハツ江さんが、むだなく使えるヘタの取り方を教えてくれました。(料理監修:河野雅子)

 

*  *  *

 

ピーマンは堅いヘタや種を除くとき、バッサリと切り落としてしまうと、ヘタの周りの部分がむだになります。ヘタを取るときは、まず縦半分に切り、ヘタの部分を押すと、きれいに取れます。そのまま種も一緒に除きましょう。

12039072018_p070_01

 

※各料理のつくり方はテキスト、または7月24日(再放送は25日)のEテレ『きょうの料理ビギナーズ』をご覧下さい。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)