料理

食材を正しく冷凍する フリージングの四か条


2018.07.10

ほうれんそうもこのとおり。みそ汁やスープに便利です。撮影:豊田朋子

『NHKまる得マガジン もっとおいしく! 攻めのフリージング術』では、楽しくて役に立つ、様々な食材の冷凍&解凍テクニックをご紹介しています。冷凍するときに心がけたい四つのポイントを、冷凍アドバイザーで冷凍開発コンサルタントの西川剛史 (にしかわ・たかし)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

一、 鮮度のよい状態で冷凍を!

 

肉・魚、野菜など、いずれの食材も購入したその日に冷凍するのが大切。「残ったから冷凍」ではなく、あらかじめその日に使う量を取り分けて、使わない分量をすぐに冷凍する。

 

二、 同じサイズにそろえる

 

ジッパー付き保存袋に入れるものは、少量ずつの小分けにする場合も切る場合も、同じ大きさにそろえると、均一にムラなく冷凍することができる。

 

三、 空気はできるだけシャットアウト!

 

冷凍庫内はとても乾燥している。食材のみずみずしさを保つためには空気に触れさせないよう、ラップで包んでからジッパー付き保存袋へ。できるだけ空気をしっかり抜いて袋の口を閉じる。

 

四、食材は薄く平らに

 

食材の状態をキープしたまま冷凍するには、できるだけ早く凍結させることが大切。食材をなるべく薄く平らに広げて保存袋に入れると、素早く均一に冷凍できる。また、薄く平らに冷凍すると、解凍時間が短縮できるほか、調理もしやすくなる。

 

■『NHKまる得マガジン もっとおいしく! 攻めのフリージング術』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)