料理

牛乳が余ったら便利なカッテージチーズに


2018.07.12

撮影:木村 拓(東京料理写真)

料理研究家の瀬尾幸子さんが、余りがちな食材をちょっとの手間で上手にストックし、もっとおいしく使いきる方法を紹介する連載「賢い冷蔵庫」。今回は牛乳をカッテージチーズにするワザです。

 

*  *  *

 

子どものころ、牛乳からチーズをつくったことはありませんか?

 

牛乳に酸を加えて熱すると、モロモロとした塊と、透明の液体とに分かれてきます。このモロモロがカッテージチーズで、とても便利に使えます。

 

牛乳を鍋の中央がフツフツとするまで温めたら火を止めて、レモン汁を加えて静かに混ぜます。途中膜がはることもありますが、気にせず混ぜてしまって大丈夫。粗熱が取れて、分離してきたらこして、水分たっぷり、ソフトなチーズの完成です。

 

カッテージチーズは、いざ使おうというときに売っていないことも多い食材。でも、この自家製カッテージチーズならば、身近な材料ですぐつくれます。くせがなく、酸味も強くないので、使い勝手がよいのが魅力的。グラタンのホワイトソースがわりに使ったり、トーストにのせてはちみつをかけて食べたりなど、ちょっとしゃれた料理がグンと身近になります。

 

牛乳1Lから結構な量ができ上がりますので、小分けにして冷凍がおすすめ。また、こしたあとに残る液体は乳清(ホエー)で、栄養満点です。肉を漬け込んだり、ドリンクにしたりと、こちらも活用してください。

 

材料とつくり方(つくりやすい分量)

 

鍋に牛乳1Lを入れて中火にかけ、煮立たせる。火を止めてすぐにレモン汁大さじ2〜3を加えて静かに混ぜ、分離してくるまでおく。厚手のペーパータオルかガーゼでこし、清潔な容器で保存する。冷蔵で10日間ほどもつ。冷凍の場合は小分けにし、冷蔵室で自然解凍する。2か月を目安に使いきる。

[全量550 kcal 調理時間15分]

 

※テキストでは自家製カッテージチーズのアレンジレシピを紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)