料理

焼くだけじゃない! 干物はゆでてもおいしい


2018.07.06

汁けを軽くきった大根おろしに、2cm程度に切った貝割れ菜をあえ、好みでしょうゆをひとかけ。ほぐしたアジの身と合わせれば、よりさっぱり。忙しい朝のおかずにもぴったり。撮影:山平敦史

魚の伝道師、“ウエカツ”こと上田勝彦(うえだ・かつひこ)さんが、「最短最強においしい魚料理」と太鼓判を押す「湯煮」。文字通り、魚を湯で煮るだけの調理法ですが、簡単でおいしく、魚料理は面倒くさいと思い込んでいる人にこそおすすめだそう。実は、干物にもこの方法が使えるのです。アジの開きの湯煮のつくり方を上田さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

干物は焼くものと思い込んでいる人におすすめしたいのが、「湯煮」。この方法で干物をゆでるとうまみは逃げず、臭みもなくなり、少し塩分が抜けて身はしっとり柔らかに。焼いた風味とは異なる干物の印象が変わるおいしさです。

 

湯煮のつくり方

 

アジの開きの骨がついている側の身は火が通りにくいので、皮から骨に達する程度に切り込みを入れておく。フライパンに湯を沸かして酒大さじ1を入れ、再度沸いたらアジの皮側を下にして入れ、湯を沸かさないように保ちながら2〜3分間、骨から身が離れる程度に静かに煮る。

 

■『NHK趣味どきっ! うまい!はやい!ヘルシー! 毎日さかな生活』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)