料理

色で選べる! 野菜たっぷり常備菜


2018.03.23

RED 撮影:新居明子

夕飯の献立に、お弁当のおかずに、足りない「色」を野菜の常備菜で補うことができれば、彩りはもちろん栄養の面でも効果的。料理研究家の夏梅美智子(なつうめ・みちこ)さんは、素材の色を分けたまとめづくりをおすすめしています。

 

*  *  *

 

RED

 

にんじんのマスタードマリネ

 

削ったにんじんのシャキシャキ感とマスタードの爽やかな酸味で、献立にメリハリをつけられる副菜です。

 

にんじんのだし煮

 

にんじんのナチュラルな甘みに昆布のうまみを含ませ、やさしい味わい。好みで仕上げに削り節をかけても。

 

トマトのパン粉グリル

 

トマトを焼いて水分をとばすと味が凝縮され、日もちもよくなります。チーズ&パン粉が香ばしいアクセントに。

 

はちみつミニトマト

 

湯むきしたミニトマトにはちみつをからめておくだけで、トマトの果汁とはちみつが混ざり合ってジューシーに。

 

YELLOW

 

コーンのお焼き

 

コーンとしらす干しを合わせた後を引く味わいのお焼き。素材のうまみがしっかりあるので冷めてもおいしい。

 

かぼちゃのごまあえ

 

レンジにかけたホクホクのかぼちゃをサッとあえるだけのお手軽副菜。隠し味のスープの素(もと)でコクをアップ。

 

さつまいものキッシュ

 

芋の甘みと、卵、乳製品のコクが一体に。焼きたての香ばしさも、時間がたって味がなじんだところも美味。

 

パプリカのツナマヨ炒め

 

マヨネーズで炒めたパプリカはまろやかな味。ツナ&たまねぎは仕上げに加え、フレッシュなサラダ感覚もプラス。

 

GREEN

 

ほうれんそうとベーコンの炒め物

 

ベーコン&塩でしっかり塩味を効かせるので冷めても美味。青菜は下ゆでして炒めるので水っぽさもなし!

 

スナップえんどうのとろろ昆布あえ

 

昆布のじんわりしたうまみをあえ物に活用。歯切れのよいスナップえんどうの爽やかな風味にからめて。

 

アスパラのクリームチーズあえ

 

アスパラの青い香りに、クリームチーズのコクとマイルドな酸味をからめます。黒こしょうの刺激がアクセントに。

 

ブロッコリーのザーサイあえ

 

ザーサイの独特の風味と塩けを効かせた味わい深いあえ物。ごま油の香りも食欲をそそります。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2018年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)