料理

野菜をカジュアルに漬ける! 「ダイコンのパリパリしょうゆ漬け」【レシピ掲載】


2018.01.18

ダイコンのパリパリしょうゆ漬け。保存期間は10日間(撮影/安彦幸枝)

野菜をパパッとカジュアルに漬ければ、簡単に保存できるだけでなく、野菜の持ち味を生かすこともできます。料理研究家のきじま りゅうたさんに、保存方法として「ダイコンのパリパリしょうゆ漬け」、その応用レシピとして「ダイコンのパリパリしょうゆ漬けとキャベツの炒め物」を聞きました。冬野菜を食べる楽しみがグ〜ンと広がりますよ!

 

*  *  *

 

ダイコンのパリパリしょうゆ漬け

 

塩もみして水分を抜いてから漬けるので、味しみバツグン!甘じょっばくて、ほんのり酸味のある味が食欲をそそります。

 

材料(作りやすい分量)
ダイコン……1/2本(500g)
塩……小さじ1/2
しょうゆ……カッブ1/2(A)
砂糖・酢・みりん……各大さじ2(A)

 

作り方
1 ダイコンは皮ごと7〜8mm幅のイチョウ切りにする。
2 保存袋にダイコン、塩を入れ、なじませてから空気を抜いて封をする。約1kgのおもしをして1時間おき、ダイコンの水けを絞る。
3 鍋にAを入れて中火にかける。煮立ったらダイコンを加えて、ざっと混ぜ、すぐに火を止める。
4 粗熱が取れたら保存袋に入れ、空気を抜いて封をし、冷蔵庫の野菜室に入れる。
※2日後から食べごろ。10日間で食べきる。

 

ダイコンのパリパリしょうゆ漬けとキャベツの妙め物

 

ダイコンのパリパリしょうゆ漬けとキャベツの炒め物(撮影/安彦幸枝)
ダイコンのパリパリしょうゆ漬けとキャベツの炒め物(撮影/安彦幸枝)

 

しょうゆ漬けと漬け汁が調味料代わり。キャベツのやさしい甘みを引き立ててくれます。

 

材料(2人分)
ダイコンのパリパリしょうゆ漬け……1/3量(正味100g)
キャベツ……1/6コ(200g)
ダイコンのパリパリしょうゆ漬けの漬け汁……大さじ1
黒コショウ(粗びき)……少々
ゴマ油……小さじ1

 

作り方
1 ダイコンは汁けをよく切る。キャベツは7〜8mm幅に切る。
2 フライパンにゴマ油を入れて中火にかけ、キャベツを妙める。しんなりしたら、ダイコンのしょうゆ漬けを加えてサッと妙める。
3 漬け汁を加えて妙め、コショウをふる。

 

こんな野菜もしょうゆ漬けに!

 

カブの根(胚軸)のほか、ニンジンも同様に漬けられます。旬は異なりますが、キュウリもおすすめ。「ダイコンのパリパリしょうゆ漬け」の作り方3で漬け汁が煮立ったら火を止め、そこに加えましょう。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2017年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)