料理

パクチーをおいしく食べるコツ


2017.10.28

パクチー、レタス、ベビーリーフで野菜たっぷりでうれしいパクチーサラダピザ。つくり方はテキストに掲載しています。撮影:木村 拓(東京料理写真)

ここ数年、日本ではパクチーブームが急速に広がり、家庭の食卓をパクチーが彩ることも多くなってきました。料理研究家で管理栄養士のエダジュンさんに、調理のコツを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

1 水に浸してシャキッと

 

パクチーは、張りのある食感もおいしさのうち。調理するまで根を水に浸しておくと、シャキシャキ感を保てます。買ってきたパクチーがしおれ気味なとき、よみがえらせる方法としてもおすすめ。

 68272602017_p052_01

 

2 切り込みを入れて香りアップ

 

パクチーの長さを生かしてサラダなどにするときも、肉ダネなどに混ぜ込むためにみじん切りにするときも、刻む前に茎の筋に沿って縦に切り込みを。独特の青い香りがグンと引き出されます。

 68272602017_p052_02

 

3 根の香りを油に移して

 

パクチー特有の香りをたっぷりと含んだ根は、にんにくやしょうがなど香味野菜の感覚で使えます。油でじっくり炒めることで香りを十分に引き出し、油に香りをつけることができます。

68272602017_p052_03

 

■『NHKまる得マガジン パクチー!パクチー!パクチー!』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)