料理

さつまいもで3時のおやつ


2017.11.01

撮影:馬場わかな

この季節のおやつの主役は、やっぱりさつまいも。ホックリした食感とやさしい甘さは、子どものころ、いつも待ち遠しかった3時のおやつの記憶と重なります。どのレシピもさつまいもをたっぷり使うので、芋掘りなどでたくさんあるときにもおすすめです。瀬戸口しおりさんに教えていただきました。

 

*  *  *

 

大学芋

 

カリッと揚げたさつまいもに甘辛だれをからめた定番おやつ。たれに酢を少し混ぜると、時間がたっても堅くなりません。

12039102017_p028_01

 

さつまいものきんとん

 

柔らかくゆでたさつまいもをつぶすだけだから簡単!ラップを使ってコロンと愛らしい形に。

12039102017_p028_02

 

さつまいもとりんごのクラフティ

 

さつまいもと相性のよいりんごも加え、プリンのようなスイーツに仕上げます。アツアツでも、冷まして冷蔵庫で冷やしても。

12039102017_p028_03

 

さつまいもの豆乳マフィン

 

豆乳を加えたふんわり軽い生地に、ホックリしたさつまいもをたっぷり混ぜて。素朴な甘さが後を引きます。

12039102017_p028_04

 

さつまいものグラッセ

 

厚切りにしたさつまいもをバターやきび糖と一緒にコトコト煮ます。サワークリームをつけてもおいしい!

12039102017_p028_05

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)