料理

皮ごとおいしく! さつまいものおかず


2017.09.27

料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんが、さつまいもの基本的な扱い方と、ホクホクの甘みをしっかりと生かしたおかずを紹介します。

 

*  *  *

 

さつまいもは関東や西日本でよく栽培されています。その土地、土地でつくられる種類があり、焼きいもに向いているもの、ふかしいもに向いているものなどがあります。

 

果肉の色も口当たりもそれぞれ違うので、食べ比べてみるとおもしろい。私の好みは四国の徳島で食べた鳴門金時や、加賀野菜の五郎島金時。小ぶりでツルリとした肌合いも美しく、甘みはしっかりとあるさつまいもです。

 

さつまいもは、かぼちゃと同じく収穫直後はおいしさがありません。1か月以上熟成させて甘みを出します。

 

さつまいもは皮の下にアクがあるので、切ったら、水に5分間ほどつけます。水が白く濁るくらいになったら、水けをきり、調理します。

 

まずはふかして食べるほか、レモンと一緒にさっぱりとした甘煮にします。デザートにもなり、お弁当の箸休めの小さなおかずとしても重宝します。

 

さつまいもと鶏の甘辛煮

 

さつまいもにだしと鶏のうまみと、しょうゆをまとわせて煮込みます。しょうがを加えると、甘辛い中にもキリッとしょうがの風味が効いてご飯のおかずになります。さつまいもは意外に火が通りやすいので、煮くずれないように注意。最後はやや強めの火で煮汁をしっかりと含めるのがポイントです。鶏のほかに豚肉を合わせてもおいしいです。

12039092017_p040_01

 

さつまいもの豚肉巻き蒸し

 

豚肉の脂のうまみと、さつまいもがよく合います。さつまいもは甘いから、ご飯のおかずにならないと家族は言うけれど、このレシピは別。たまねぎが入り、ごま油の効いた甘酢しょうゆのたれがさつまいもの甘みを程よく調和してくれるから、ご飯がモリモリすすみます。ここではさつまいもを輪切りにしましたが、角切りにしたり、乱切りにしたり、切り方はお好みで。

12039092017_p040_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)