料理

新じゃがの魅力


2017.04.20

小さいじゃがいもの揚げ煮。つくり方はテキストに掲載しています。撮影:吉田篤史

春野菜が店頭を彩る季節です。料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんに、新じゃがの魅力をうかがいました。

 

*  *  *

 

火の通りが早いのが新じゃがの魅力

 

春らしい柔らかな風が吹き始めると、直売所には新じゃがが並び始めます。

 

新じゃがは水けが多く、味わいもあっさり。ホクホク、どっしりとした味はないので、濃いめの味、アンチョビやオリーブ漬け、チーズなどを組み合わせたり、塊肉や牛すじ肉と合わせてしっかりと肉のうまみを吸わせて調理します。

 

若いころは新じゃがが出回ると、初物と喜んで、肉じゃがやら、コロッケなどもつくりましたが、新じゃがではいつもの味が出なくてがっかりしたものです。なんだか味がうすくて寝ぼけた感じになってしまうのです。新じゃがはいつものじゃがいもと別物と思って料理しないといけません。使い分けることを覚えたのは何年もかかってのこと。毎年春になると、いろいろ試した味がよみがえってくるのです。

 

下ごしらえは皮をたわしで軽くこすって、よく洗い、皮付きのままかぶるくらいの水と合わせてゆで、熱いうちに皮をむきます。または蒸すことをおすすめします。水けが多いので、火の通りも早いです。皮が薄いので、皮ごと食べてもおいしいです。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)