料理

春の香り運ぶ菜の花──選び方と下ごしらえ


2017.03.30

撮影:吉田篤史

春の香りを届けてくれる菜の花。料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんに、店頭での選び方と下ごしらえの方法を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

茎の薄皮をむいてゆでると食べやすく

 

菜の花は年末近くになると出回って、食卓に早春の香りを運んでくれます。独特のほろ苦さと、いい意味での青くささがくせになる味。葉や茎の緑が鮮やかで、つぼみが開いていないものを選びます。

 

スーパーマーケットなどで売られているものは紙に包まれ、茎と葉が見えないことが多いので、必ず茎の切り口を見ます。みずみずしく、色の変化などがなかったらOK。花が咲き始めると味が落ちるので、できる限り早いうちに食べる、またはゆでておひたしにしておきます。ただ、少し黄色い花が見えるのもかわいく、おすしなどの飾りにのせるときには、一つ二つ花のついているものをのせることもあります。

 

菜の花を買ったら、水につけて茎や葉を元気にします。それから切り口からつぼみに向かって薄皮をむきます。そうすることで茎とつぼみが同じ時間でゆで上がり、口当たりもよくなります。

 

むいた薄皮は柔らかくゆでて、細かく切って炊きたてのご飯に混ぜれば菜飯となります。これは娘の大好物。または蒸し炒めしてきんぴらにしてもおいしいです。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2017年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)