料理

冬においしくなる青菜 どう扱う?


2016.12.16

ほうれんそう 撮影:吉田篤史

冬になると青菜がおいしくなります。料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんに、ほうれんそうとチンゲンサイの扱い方を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

寒さで甘みが増し、青菜がおいしくなります

 

青菜の代表的な野菜は、ほうれんそう、チンゲンサイ、小松菜、春菊。いずれも通年出回っているものですが、冬の寒さに当たった露地物は、甘みやうまみが増して、おいしくなることから旬は冬とされています。

 

青菜は買ったらすぐに調理します。冷蔵庫におくと、葉から水分がどんどん抜けていってしまいます。うちではできる限り、買ったらその日のうちにゆでたり、炒めたりして食べますが、食べられずにおく場合は、ゆでてから保存しています。生のまま保存する場合は、湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れ、葉先を上にして立てて保存すると、傷みにくいと聞きました。乾燥を防ぐためですね。

 

ほうれんそうは独特のえぐみがおいしさだと思っていますが、最近はそのえぐみが好まれず、ほうれんそうらしからぬえぐみの少ないものが多いですね。サラダ用生食ほうれんそうも多く出回っています。

 

チンゲンサイは中国原産の結球しない白菜の仲間。中国野菜だということを知らない人もいるくらい、日本で一般的な野菜になりつつあります。アクもくせもなく扱いやすい。軸の下部分は肉厚で、シャキシャキとした歯触りです。

 

チンゲンサイのとろみ炒め

 

軸と葉を切り分け、火の通りにくい軸から炒めていきます。油が全体に回ったら、ふたをして、ふっくらと蒸し焼きに。シコシコとした歯触りのきくらげと、ムチッとしたうずらのゆで卵を合わせて、最後にとろみをつけました。あんかけ丼にしたり、焼きつけた焼きそばにかけたり、好みで酢をかけてもおいしいです。

12039122016_p042_01

ほうれんそうのグラタン

 

ほうれんそうは下ゆでしてアクを取り、食べやすくしてからソースと合わせます。300gのほうれんそうも、ゆでるとシュンと量が減りますので、たっぷりと思うくらいゆでておいたほうがいいようです。お好みですが、根元の赤い部分は甘みがあるので切り落とさずに食べましょう。

12039122016_p042_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)