料理

火を通せば完成! 忙しい年末もつくりおきおかずでササッとご飯


2016.12.11

撮影:宮濱祐美子

肉や魚をシンプルな下味に漬け込んで、あとは火にかけるだけ、という味つくつくりおきおかずを料理研究家のワタナベマキさんに教えてもらいました。ついでに野菜や卵も放り込んじゃえば、おかず感も栄養価もグッとアップ! 猫の手も借りたいほど大忙しの日でも、ササッと夕食の準備が整います。

 

豚肉の梅じょうゆ漬け

 

厚切り肉も、梅の酸味でしっとり柔らか。梅干しは種にもうまみがあるので、種ごと漬け込みます。

 

材料(2〜4人分)

豚肉(豚カツ用) 4枚(350〜400g)*

A[みりん:大さじ2、しょうゆ:大さじ1と1/2、梅干し:3コ]

※豚肉2枚でつくる場合は、Aを半量、梅干しを2コにする。

 

1 豚肉は脂肪と赤身の間に切り目を数本入れ(筋切り)、バットに並べてAをかける。

 

2 梅干しをくずしながら肉によくもみ込み、冷蔵庫に半日以上おく。

[調理時間3分]

 

豚肉の梅風味焼き

 

好みの野菜と一緒に、フライパンで焼きます。仕上げに蒸し焼きにすると、ふっくらジューシーに。

12039122016_p010_01

※テキストでは豚肉以外にも鶏肉、牛肉、魚のつくりおきおかずを紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)