料理

れんこんの下ごしらえと保存法


2016.11.24

食べごたえ満点な「れんこんと豚肉のしょうが焼き」。つくり方はテキストをご覧ください。撮影:吉田篤史

新れんこんが出回る季節になりました。料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんに、れんこんの扱い方を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

下ごしらえはアク抜き。水に5分さらせばOK

 

新れんこんの季節になると、れんこん農家さんから直接送ってもらいます。ふっくらと太った真っ白なれんこんが、節で何個もつながって箱に入ってくる。スーパーで買うとカットされているから、娘はこのときれんこんの本当の姿を見ることになります。「こんなに長いんだ」って目をパチクリ。でも収穫のときには、きっともっともっと長く、長く連なって沼地から出てくるのでしょうね。

 

切ると蜘蛛(くも)の糸のように繊維がフワフワと舞います。食べるとさらにその糸引きを感じます。サッとゆでたり、炒めたりすると歯ごたえはシャキシャキ。煮ればややとろみを感じるホクッとした食感。揚げればサクッ、すりおろせばトロトロッとした口当たりに。調理法、切り方でいろんな味わいを楽しませてくれるれんこんです。

 

れんこんは、切ったら水に5分ほどつけてアク抜きします。真水で十分。より白く仕上げたいときは、酢を入れた熱湯でゆがいてください。

 

れんこんは比較的保存が利きますが、切り口は乾燥しないようラップでしっかりと包み、冷やしすぎないようさらに新聞紙などに包んで冷蔵庫の野菜室に入れます。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2016年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)