料理

芋焼酎の最高の相棒、ようかんの天ぷら


2016.09.15

お湯割り焼酎に、意外なほどしみじみマッチ 撮影:鈴木泰介

芋焼酎が持つふくよかな味わいや、花のような香りには、甘みのある食材を使ったつまみがぴったり! また、脂ののった肉や魚、スパイスを効かせた料理も好相性です。酎居酒屋の店主で、焼酎文化の普及にも力を入れている高橋研(たかはし・けん)さんが「芋焼酎には最高の相棒」と強くオススメするのが「ようかんの天ぷら」。つくり方を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

ようかんの天ぷら

 

合う焼酎:黒麹系、白麹系

 

材料(2人分)

ようかん … 20g

薄力粉 … 適量

天ぷら粉(市販) … 適量

揚げ油 … 適量

粗塩 … 適宜

 

つくり方

一、ようかんは4等分の薄切りにし、全体に薄力粉を薄くまぶす。

 

二、天ぷら粉を表示どおりに水で溶いたものに、一をくぐらせる。

 

三、揚げ油を180℃に熱して二を入れ、周りがパリッとなったら引き上げて、油をきり、器に盛る。好みで塩をつけて食べる。

 

監修:小林昭夫(本格焼酎の情報誌『焼酎楽園』〈現在休刊中〉編集長)

 

■『NHKまる得マガジン 味も香りも百花繚乱! 焼酎を楽しむ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)