料理

「いちごのマリネ」はおもてなしのデザートに打ってつけ!【レシピ掲載】


2016.04.25

撮影:加藤新作

フルーツのあんな食べ方、こんな食べ方を提案する料理研究家の内田真美(うちだ・まみ)さんの連載「フルーツ・ダイアリー」がスタートしました。初回となる2016年4月号では、「いちごのマリネ」をつくります。

 

*  *  *

 

いちごを砂糖でマリネする。ただそれだけで、いちごから水分がじんわりしみ出て、より赤く、つややかに。その美しさは、見とれてしまうほどです。

 

シンプルにきび糖だけでもいいですが、バニラビーンズの甘い香りも捨てがたい。うちでは、おもてなしのデザートとしても、定番です。どんなに凝ったデザートをつくっても、結局はいちごがいちばん人気だったりして。

 

子どもたちも、どんなお菓子よりもこのマリネを、それはそれはおいしそうに食べてくれます。

 

材料(つくりやすい分量)

 

いちご… 1パック(正味350g) きび糖… 大さじ1 バニラビーンズ… ½ 本

 

1 いちごはヘタを取って縦半分に切り、ボウルに入れる。バニラビーンズは、さやから種をしごき出す。

 

2 1 のボウルにきび糖と、1 のバニラビーンズの種とさやを加える。全体につやが出るまで、いちごをつぶさないようにサックリと混ぜる。

 

3 冷蔵庫に30 分間以上おく。

[全量150kcal 調理時間40 分]

 

※時間がたつほどにいちごから水分(=シロップ)が出て、柔らかい食感に。いちごとシロップを一緒に食べるのもおいしいので、好みのマリネ時間で食べてください。内田さんは、長めにおいたものをフルーツソース感覚で使うこともあるそう。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』連載「フルーツ・ダイアリー」2016年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)