料理

ふっくら柔らか! さばのみりん干しをつくってみよう【レシピ掲載】


2015.11.10

撮影:公文美和

さばのみりん干しを手づくりしてみませんか? 料理研究家の中川たまさんにつくり方を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

甘すぎず、しょっぱすぎず、程よい甘辛風味の自家製干物。香ばしく焼けば、白いご飯と相性抜群!

 

おいしい干物にするコツは、できるだけ新鮮なさばを選び、味をつける前に塩で余分な水分を出すこと。くさみが和らぎ、味が入りやすくなります。

 

魚焼きグリルや焼き網はもちろん、フライパンやオーブンで焼いてもおいしい。

 

水分がとびきっていない半干しなので、身はふっくら柔らか。焼いて細かくほぐし、混ぜご飯や焼き飯、あえ麺やパスタ、サラダに展開するのもおすすめです。

 

材料(つくりやすい分量)とつくり方

 

1 さば(切り身)4切れは血合いなどを除き、片面に塩を1つまみずつ両面にふる。

 

2 1をバットにのせてラップで覆い、冷蔵庫に1時間おいて水分を拭き取る。

 

3 みりん・しょうゆ各大さじ3、酒大さじ2を混ぜ合わせ、2にかける。ラップで覆い、冷蔵庫に半日〜1 日間おく。途中、裏返して両面を浸す。

 

4 余分な汁けを拭き、白ごま適量をふる。干し網またはざるにのせ、天日に半日干す。途中、表面が乾いたら裏返す。

 

※ラップで包んでジッパー付きの保存袋に入れて冷蔵庫で4〜5 日間保存可能。魚焼きグリルと焼き網は中火、フライパンは弱めの中火、オーブンは180℃で両面を焼いて食べる。焦げやすいので注意。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000066462552017_01_136

別冊NHKきょうの料理 「あと1品」がすぐ決まる! 野菜のおかず365

2017年04月05日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000332972017_01_136

あてなよる 大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖

2017年04月18日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000061992482017_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック フライパンでおいしい和食

2017年05月18日発売

定価 972円 (本体900円)