料理

むくみを取る「もやしと肉だんごの春雨スープ」【レシピ掲載】


2015.09.23

撮影:木村 拓(東京料理写真)

ムシムシ、ジメジメと湿度の高い残暑は、のどの渇きで必要以上の水分をとりがち。うまく代謝せずに体にたまると、むくんでだるさを感じやすくなります。利尿作用やデトックス作用のある食材をとって余分な水分を体外に排出しましょう。料理研究家のコウ静子(こう・しずこ)さんに、むくみを取るレシピを教えてもらいました。

 

*  *  *

 

もやしと肉だんごの春雨スープ

 

アジア各国で夏の養生食として欠かせない緑豆は、デトックスパワーが強力! 入手しやすいもやし&春雨で、ボリューム満点のスープに。食感がアクセントのレタスは、利尿作用のあるカリウムが豊富です。

 

材料(2人分)

 

・緑豆もやし 1/2袋(100g)

 

・肉だんご

合いびき肉 150g

卵 1コ

A[酒・かたくり粉:各大さじ1/2、しょうが汁・しょうゆ:各小さじ1/2、塩:小さじ1/4、こしょう:少々]

たまねぎ(みじん切り) 1/2コ分(100g)

 

緑豆春雨(乾) 20g

レタス 1/4コ(100g)

ごま油 小さじ1

B[水:カップ3、酒:大さじ3、しょうゆ:小さじ2、塩:小さじ1/4]

 

[常備品]塩/黒こしょう(粗びき)

 

◎下ごしらえをする

1 もやしは好みでひげ根を取る。春雨は袋の表示時間どおりに熱湯につけて戻し、ざるに上げて水けをきる。レタスはちぎる。

 

◎肉だんごをつくる

2 ボウルにひき肉、卵、Aを入れ、粘りが出るまで混ぜ合わせる。たまねぎを加え、さらに練り混ぜる。10等分にして丸める。

 

3 鍋にごま油を中火で熱し、2の肉だんごを並べ入れる。焼き色がついたら裏返し、表面を焼きつける。

 

◎煮る

4 Bを加え、5分間ほど煮る。煮立ったらアクを取り、もやしと春雨を加えて1分間ほど煮る。

 

5 レタスを加え、サッと煮て塩少々で味を調える。器に盛り、黒こしょう適量をふる。

 

[1人分310kcal 調理時間25分]

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)

6199223

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック ひと皿で満足!ホットサラダ

2016年1月18日 発売

定価 972円 (本体900円)

000000332942016_01_136

いがらし ろみのレシピノート

2016年04月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)