料理

オクラをおいしく食べつくすには──下ごしらえと保存の知恵


2015.09.12

オクラの豚バラ巻き。オクラは切らずにそのまま使って歯ざわりよく。食欲をそそる照り焼きだれで、ご飯によく合う味わいに。撮影:浮田輝雄

スタミナ抜群の夏野菜といえばオクラ。オクラのネバネバをおいしく生かす技を、“野菜料理の達人”大原千鶴(おおはら・ちづる)さんに教わります。

 

*  *  *

 

塩もみがポイント

 

オクラの表面のうぶ毛は夏の盛りになるとチクチクしてきて食べにくくなります。まずは塩でもみ、流水で塩とうぶ毛を洗い流しましょう。このとき買ったときのネットの袋の上から塩でもむとうまくこすり取れて便利です。もちろんまな板の上で転がしてもんでもOKです。ガクをむいて食べやすくすることもお忘れなく。

 

保存の注意点

 

オクラは暖かい地域でとれる野菜なので、すぐに使うのであれば冷蔵庫に入れなくても大丈夫です。ただし、昼間、長時間高温の部屋に置いておく場合は、乾燥しないようにポリ袋に入れてから冷蔵庫の野菜室で保存してください。それでもできれば3日間以内には使いきってくださいね。

 

■『NHKきょうの料理』2015年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)