料理

おいしいお好み焼きの鍵は「塩」と「アレンジ」


2015.09.10

撮影:蛭子 真

夏の暑い盛りでも、無性に食べたくなるお好み焼き。本場のひとつ、大阪で、お好み焼きを焼く楽しさと、長年愛されてきた定番・豚玉のつくり方を、お好み焼き店店主の木地崇嚴(きじ・たかよし)さんに教わります。

 

*  *  *

 

生地の決め手は、塩。具材はあるもので大丈夫!

 

日本各地で親しまれている庶民の味、お好み焼き。そのルーツは、意外に古く、安土桃山時代の「麩(ふ)の焼き」にあるともいわれています。

 

大阪万博の前年1969年から鉄板の前に立ち、お客さんを喜ばせてきた木地崇嚴さん。木地さんの手によるお好み焼きは、鉄板の上で、香ばしいにおいとともに、見るからにおいしそうなオーラを放ちます。表面はカリッとしているのに中はふんわり。豚の脂のコク、キャベツの甘み、生地のだしのうまみが絶妙なバランスで、ソースはあくまでも引き立て役。くどくないので、何枚でも飽きずに食べたくなります。

 

その味わいの鍵となっているのが、塩。“お好み”の要は塩、と木地さん。塩をしっかりきかせないと、キャベツや卵に負けて味がぼやけてしまいます。また、ソースをいくらかけてもピシッと味が決まらないのだそうです。

 

そして、「“お好み”はアレンジきかさんと……」というのも木地さんの信条。具材は、高菜漬けでも昨日の残りの天ぷらでもなんでもいい。だしも、家庭では顆粒(かりゅう)だしや昆布茶で十分。これがないとだめ、ではなく、ある材料で、みんなで楽しみながら焼くことこそが、お好み焼きのよさ。これぞ庶民の味の真骨頂です。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2015年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000066462552017_01_136

別冊NHKきょうの料理 「あと1品」がすぐ決まる! 野菜のおかず365

2017年04月05日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000332972017_01_136

あてなよる 大原千鶴の簡単・絶品おつまみ帖

2017年04月18日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000061992482017_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック フライパンでおいしい和食

2017年05月18日発売

定価 972円 (本体900円)