料理

陳 建民さんの麻婆豆腐


2015.09.12

「はじめはレシピを参考にしても、慣れたら数字に頼りすぎず、自分で食べてみてちょうどいい味にすること。それが料理上手になる近道よ」と陳さんは当時の放送でアドバイスしてくれました。撮影:小川勝彦

『NHK きょうの料理』8月号の「懐かしの名調子・名レシピ」では、昭和56年9月8日に放送された陳 建民(ちん・けんみん)さんの麻婆豆腐をご紹介します。当時のテキストには「マーボードウフウ」とふりがながふられています。

 

*  *  *

 

「麻婆豆腐」「回鍋肉」「えびのチリソース」など、多くのおなじみの味を日本に紹介した陳 建民さんは、「日本の四川料理の父」とも呼ばれる存在。家庭でも手に入れやすい材料でつくれる、日本人にも食べやすいように工夫されたレシピは評判を呼び、四川料理を一気に日本の家庭の味にしました。

 

「料理をつくるのは愛情。食べる人のことを考えて、心を込めて料理しなさい」が口ぐせだったという建民さん。その味と心意気は、息子の建一さん、孫の建太郎さんへと大切に受け継がれています。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2015年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)