料理

盛りそばをきれいに食べるには


2015.08.26

イラスト:加納徳博

暑い夏には冷たいそばを食べる機会が増えがち。盛りそばをきれいに食べるためのポイントを東京都港区でテーブルコーディネートとフラワーアレンジメントの教室「Briller」を主宰する浦濱マリ(うらはま・まり)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

盛りそばを食べるときには、そばが乾いてしまわないうちにササッと食べてしまうこと、そしてそばの盛り方に注目すると、そばがからまずきれいに食べられます。そばの盛り付け方は大きく分けて「山盛り」と「平盛り」の2 種類。いずれも、盛り付けの終わりの部分から取るとよいでしょう。

 

「山盛り」のときは山のてっぺんで、「平盛り」のときはざるの右端手前が多いです。このときに注意するのが、そばを一度に大量に取ってしまわず、一口で食べられる分だけを取るということ。目安は「うどん3本、そば6本」といわれています。もしそばがからんでしまったときには、箸を少し立て気味につまむと取りやすくなります。

 

そばがきれいに取れたら、次は食べ方です。まずはつゆに付けずにそばだけを食べ、そば自体を味わいましょう。次はつゆにつけます。つゆにはそばの1/3ほどだけをつけると、そば自体の味が感じられます。すするときは、程よい大きさで音をたててすすり、鼻から抜けるそばの香りを楽しみましょう。そばちょこは手に持って、口の近くまで近づけて食べると、つゆがはねません。薬味は好みですが、一度に入れず、少しずつ入れて味の変化を楽しんでもよいでしょう。ざるに残った短いそばもきれいに食べて完食です。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)