料理

主菜と副菜を一皿で! 「牛ガーリックソテーのサラダ」【レシピ掲載】


2015.07.11

撮影:原 ヒデトシ

忙しくて料理するのが面倒な日や暑さで食欲減退気味の日こそ、主菜のお肉と副菜の野菜が一皿で完結し、サラダならではの爽やかさ、さっぱり感に思わず箸もすすむはず。『きょうの料理ビギナーズ』2015年7月号では、すぐつくれるおかず感覚のサラダからつくりおきのアイデアまで役立つレシピを一挙に掲載しています。

 

本稿では、料理研究家の藤井 恵(ふじい・めぐみ)さん考案の、ボリューム満点「牛ガーリックソテーのサラダ」を紹介します。

 

*  *  *

 

焼いた角切り牛肉をゴロッとのせた、うまみも食べごたえも満点のサラダ。爽やかな生野菜とばっちり合います。

 

材料(2人分)

牛肉(角切り/サイコロステーキ用) 200g

下味[塩 小さじ1/2・黒こしょう(粗びき)少々・にんにく 2かけ]

豆苗(トーミョー) 1袋(正味160g)

紫たまねぎ(またはたまねぎ) 1/2コ(100g)

オリーブ油 小さじ2

白ワイン(または酒) 大さじ2

[常備品]しょうゆ/黒こしょう(粗びき)

 

下ごしらえをする

1 牛肉は下味の材料をまぶす。にんにくは横に薄切りにして芯を除く。豆苗は根元を落として長さを半分に切る。紫たまねぎは縦に薄切りにして水に5分間さらし、水けをきる。

 

にんにく、牛肉を焼く

2 フライパンにオリーブ油、にんにくを入れて弱火にかけ、薄く色づくまでゆっくり炒める。にんにくをペーパータオルにとって油をしっかりきり、カリッとさせる。

 

3 2のフライパンを強火で熱し、牛肉を入れて全面をこんがりと焼きつける。白ワインを加えて煮立て、しょうゆ小さじ1、黒こしょう少々を加えて混ぜる。

 

仕上げる

4 器に豆苗、紫たまねぎを合わせて盛り、3を汁ごとのせ、2のにんにくを散らす。

 

[1人分410kcal 調理時間20分]

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)