料理

新しょうがで自家製ジンジャーシロップをつくろう【レシピ掲載】


2015.07.07

撮影:公文美和

さわやかな炭酸飲料が恋しくなる暑い季節がやってきました。自家製ジンジャーシロップでつくるジンジャーエールなら、しょうがの風味が存分に楽しめます。料理研究家の中川たまさんがつくり方を教えてくれました。

 

*  *  *

 

自家製ジンジャーエールがいつでも楽しめるシロップです。炭酸水で3〜4倍に割るのがおいしい目安。

 

しょうがの風味が濃く、すっきりした甘みにできるのは、自家製ならではです。炭酸水のかわりに、水や湯で割ってもおいしい。

 

きれいな色のシロップにするには、ピンク色の部分が多い新しょうがを選び、レモン汁を加えて発色させます。甘みづけに使う洗双糖は、ミネラル豊富な未精製糖の中でも色が薄く、発色の邪魔になりません。透明感は出にくくなりますが、きび糖でも代用できます。

 

材料(でき上がり約400ml)とつくり方

 

1 新しょうが300gは皮の汚れをこそげ取り、皮ごとすりおろす。黒こしょう(粒)10粒は少しつぶす。

 

2 1、洗双糖(またはきび糖)180 g、赤とうがらし1本、水カップ2を鍋に入れて弱火にかけ、15 分間ほど煮る。途中、アクが出たら、丁寧に取り除く。

 

3 2 にレモン汁1と1/2コ分を加え、ひと煮立ちしたら火から下ろし、ざるでこす。

 

※保存瓶に入れて冷蔵庫で約1か月間保存可能。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)