料理

のり巻きだけじゃもったいない! 変幻自在の食材かんぴょうで京料理


2015.06.03

かんぴょうの戻し方・炊き方も、テキストでは詳しく紹介しています。撮影:蛭子 真

ユネスコ無形文化遺産の登録をきっかけに日本の食文化「和食」が見直されています。昔ながらの日本の知恵が詰まった食材も、先入観をもたずに向き合うと、新たな発見が! 『きょうの料理』の連載「今こそ伝えたい! 京料理人の温故知新レシピ」では、明日の食卓のための和食レシピを6人の京料理人が月替わりで紹介しています。6月号のテーマはかんぴょう。創業400年の京都老舗料亭の若主人、髙橋義弘(たかはし・よしひろ)さんが、バリエーション豊かなかんぴょうレシピを提案します。

 

*  *  *

 

かんぴょう入り鶏だんご

 

豆腐を合わせてふわふわに仕上げた鶏だんごに、かんぴょうの食感がアクセント。あんにはしめじを入れて、味に深みを出します。

06461062015_p025_02

 

かんぴょうとささ身のごまあえ

 

やさしい味のかんぴょうに、練りごまのコクと鶏のうまみを足します。箸休めにもおつまみにもおすすめの一品。

06461062015_p025_01

 

かんぴょうとえびののりあえ

 

かんぴょうは魚介のうまみとも好相性。のりはパリッとした食感を生かすため、食べる直前にあえてください

06461062015_p025_03

 

かんぴょうの魅力

 

かんぴょうは何にでも合う、変幻自在の食材。のり巻きの具にしか使わない人が多いのは、もったいないと思います。特有の食感で、どんな料理でも一段上のおいしさにしてくれるので、自由に活用してほしいですね。

 

かんぴょうは一度炊いておけば、冷凍もできて、煮物やあえ物など、さまざまな料理に加えられます。煮汁も料理に使えますので、捨てずにとっておいてください。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2015年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000061992872019_01_136

ごはんづくりが楽になる!みんなのきょうの料理ランキング クイック&ストック ベスト100レシピ

2019年10月21日発売

定価 660円 (本体600円)

000000333042019_01_136

卵、牛乳、バターを使わないのに、驚くほどおいしい しぜんなおかし

2019年10月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1045円 (本体950円)