料理

手づくりにんにく卵黄で健康維持


2015.05.19

カリカリになるまで干すと冷蔵庫で1年間は保存できるそう。撮影:今清水隆宏

にんにくは、滋養強壮、食欲増進に効果的と人気の食材ですが、今回は、卵黄と混ぜ合わせてにんにく卵黄をつくりました。にんにく卵黄は、昔から九州南部を中心に一般家庭で親しまれてきた伝統食品。長年つくり続けているという料理研究家・野口日出子(のぐち・ひでこ)さんがその魅力を紹介します。

 

*  *  *

 

にんにくは、料理の幅が広く、体にもいいし、本当にすばらしい食材。その香りと味を生かして積極的に使ってほしいですね。このにんにく卵黄は、毎年行く湯治場(とうじば)教えてもらったのが最初で、25年以上つくり続けていますね。手づくりで材料も自分で選ぶから安心だし、これをのむようになったからか、私はもう何年も風邪をひいていませんよ。毎日の2粒で健康を維持しています。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理』2015年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)