料理

「少々」と「一つまみ」ってどう違うの?


2015.04.13

左/少々は2本の指でつまんだ量が目安。右/一つまみは少々よりやや多め。3本の指でつまんだ量が目安。撮影:野口健志

「こしょう少々」「塩一つまみ」といった表現をレシピではよく目にします。この「少々」と「一つまみ」が具体的にどれぐらいの量を指すのかご存じですか? 高木ハツ江さんに教えてもらいました。(料理監修:大庭英子)

 

*  *  *

 

「少々」は、計量スプーンではかりにくい、ごく少量を表します。一般に、「少々」は親指と人さし指でつまんだ量。「一つまみ」は親指と人さし指、中指でつまんだ量が目安です。または、下ごしらえや料理の仕上げなど、状況によって判断する場合もあります。焼き鳥の味つけでは、塩を全体に薄く均等にふることがポイント。ビギナーは、指でふるより、調味料用の容器に入れてふるほうが簡単で、均等にかけられます。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992802019_01_136

NHKきょうの料理 いつも家にある調味料で 食べ飽きないおかず

2019年05月21日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000061992792019_01_136

みんなのきょうの料理ランキング 材料別ベスト100レシピ

2019年04月20日発売

定価 648円 (本体600円)

000066462592019_01_136

別冊NHKきょうの料理 いまどき定番ごはん

2019年01月18日発売

定価 972円 (本体900円)