料理

保温ポットで甘酒をつくろう【レシピ掲載】


2015.03.11

撮影:公文美和

こうじの香りがプンとして、つぶつぶの舌触りが心地いい甘酒。ほっとする、懐かしい味わいです。昔ながらのつくり方は手間がかかるので、今の時代向けに、保温ポットでつくるレシピを料理研究家の中川たまさんが紹介します。

 

*  *  *

 

温度管理が楽で、保存期間内に飲みきれる手ごろな分量。温めて、しょうがのすりおろしを少しのせて飲むのがおすすめ。こうじの甘さがキリッと引き締まります。しょうがのかわりに、柚子(ゆず)やレモンなどのかんきつ類を搾ってもおいしい。生のこうじが手に入らなければ、乾燥のこうじを戻して、同様につくるとよいでしょう。

 

材料(でき上がり500ml分)とつくり方

 

1 鍋にご飯(温かいもの)100gと水カップ2を入れて中火で煮立たせる。弱火にして10〜15分間、おかゆになるまで煮る。この間、保温ポット(500ml容量が最適)に熱湯を注いで温めておく。おかゆの火を止めて8〜10分間おき、50〜60℃に冷ます。米こうじ(生)150g(または乾燥こうじ150gをヒタヒタの水で戻したもの)を加えてよくかき混ぜる。

 

2  ポットの湯を捨て、1を入れてふたをし、一晩(約8時間)おく。こうじが柔らかく、とろみがついて甘くなれば完成。甘くなければ、もう少しおく。長くおきすぎると発酵がすすんで酸味が出るので注意。

 

※保存容器に入れて冷蔵庫で2〜3日間保存可能。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2015年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992912020_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんのフライパン1つで100レシピ

2020年04月21日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000066462602020_01_136

別冊NHKきょうの料理 藤井恵の野菜をたっぷり食べるワザ!

2020年4月21日発売

定価 990円 (本体900円)

000000333062020_01_136

野菜まるごと 畑のびん詰め

2020年02月21日発売

定価 1540円 (本体1400円)