料理

精進料理で「にんにく」を使ってはいけない理由


2015.01.07

イラスト:雉○

精進料理では、使ってはいけない食材が大きく分けて2種類あるといいます。曹洞宗八屋山普門寺 副住職の吉村昇洋(よしむら・しょうよう)さんと、浄土真宗東本願寺派緑泉寺住職の青江覚峰(あおえ・かくほう)さんにお話を聞きました。

 

*  *  *

 

1つは、五葷(ごくん)と呼ばれるネギ科ネギ属などの野菜。もう1つは、肉、魚介類、卵などの動物性の食材です。

 

五葷はいわゆる精のつく野菜。性欲を刺激するものは仏道修行に必要ないため、とりません。また、これらの食材のきついにおいも、修行の妨げになります。

 

何を五葷とするかは、時代や地域によって異なります。例えば現在の曹洞宗永平寺の決まりでは、にんにく、ねぎ、にら、玉ねぎ、らっきょうが五葷です。古くははじかみ(山椒〈さんしょう〉や生姜の古語)が含まれる場合もありましたが、これらは現在の永平寺では使われています。また、国や地域によってはパクチーが禁止されていることも。いつでもどこでも必ず含まれるのはにんにくです。

 

動物性の食材は、仏教の教えである不殺生(生き物の命を奪わないこと)に反するため、禁忌とされます。ただ、古代のインドの仏教にまでさかのぼってみると、すべての肉食が禁止されているわけではありませんでした。例えば、三種の浄肉といって、自分のために殺すのを見た肉、自分のために殺したのだと聞いた肉、自分のために殺した疑いのある(と知った)肉、これらに当てはまらない肉であれば、食べてもよいとされていました。例えば、お布施として余りものを施してもらう場合などです。また、最古の仏典の1つである「スッタ・ニパータ」には、肉食そのものが生臭いのではない、肉食に至るまでの気持ち、すなわち殺したい、欲望に溺れたい、美味をむさぼりたいといった欲こそが生臭いのだ、と書かれています。肉食については、時代が下り、仏教がインドから各地に広がるにつれ、禁忌として厳格化されていったものと考えられています。

 

食べられるものに制限がある中でも、与えられた食材をありがたくいただき、その食べ物で自分が生かされていることに気付き、感謝する。それが、食材を受け入れるうえで最も大切なことだといえるでしょう。

 

■『NHK趣味Do楽 いただきます お寺のごはん 〜心と体が潤うレシピ〜』

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992852019_01_136

NHKきょうの料理 お届け冷凍レジピ ひとりぶん

2019年06月21日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992832019_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんの定番おかず

2019年06月21日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992802019_01_136

NHKきょうの料理 いつも家にある調味料で 食べ飽きないおかず

2019年05月21日発売

定価 1296円 (本体1200円)