料理

捨てるなんてもったいない! 白菜の外葉 使いきり大作戦


2014.11.04

左から外葉の即席漬け、外葉のアンチョビあえ、外葉のつけ焼き 撮影:原ヒデトシ

白菜がいちばんおいしい季節です。白菜に食べられないところはありません。いつもならついつい捨ててしまう外葉も、工夫しだいで驚くような絶品に仕上がります。内側の部分と違って濃い緑色をしているので、見た目も華やか。そんな外葉おかずを韓国料理研究家の北坂伸子(きたさか・のぶこ)さんが紹介します。

 

外葉のつけ焼き

 

外葉は食べやすい大きさに切り、小麦粉と水を同割で混ぜた衣にくぐらせ、サラダ油適量を熱したフライパンで両面を焼く。ポン酢しょうゆなど好みのたれにつけて食べる。

 

外葉のアンチョビあえ

 

外葉はゆでてせん切りにし、水けを絞る。アンチョビ(フィレ/みじん切り)とオリーブ油を同割で混ぜてあえ、黒こしょう少々をふる。

 

外葉の即席漬け

 

外葉はせん切りにし、塩少々をふる。たくあん(細切り)・青じそ(ちぎる)・白ごま各適量を混ぜる。

 

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)