料理

20cmフライパンは副菜づくりにピッタリ! その理由とは?


2014.10.09

20cmフライパンにこんな実力が…… 撮影:原ヒデトシ

コンパクトで小回りの利く20cmフライパンは、実は煮たりゆでたりといった野菜の副菜づくりにピッタリ。出すのも片づけるのもラクチンです。ふだんから20cmフライパンを愛用しているという料理研究家の井原裕子(いはら・ゆうこ)さんに、その実力を教えていただきました。

 

*  *  *

 

1 ゆでる

熱の伝わりがよく、深さがないので短時間で湯を沸かせるのがポイント。面積もあるから、2人分の野菜をゆでるには最適です。

 

2 蒸しゆで&蒸し焼き

ふたをして蒸すことで、少し堅い野菜に火を通す手法です。様子を見ながら、水が足りなければ加え、残るようならとばしましょう。

 

3 煮る

味つけをした煮汁に直接入れて野菜を煮ます。煮立つのも早いし、少ない煮汁でも全体に味がなじみ、短時間でつくれます。

 

4 揚げ焼き

直径20cmなら、大さじ3程度の少ない油でしっかり揚げ焼きができます。油の処理を気にする必要がなくて後片づけもラク。

 

今回は、「ゆでる」使い方から、「ゆでブロッコリーのオイスターソース」を紹介します。塩を入れた湯でゆでると、野菜に下味がついてシンプルな味つけでもおいしく食べられます。直径20cmのフライパンなら塩加減もブレません。

 

 12039102014_p021_01

ゆでブロッコリーのオイスターソース

 

材料(2人分)

ブロッコリー 1/2コ

オイスターソース 大さじ1

[常備品]塩

 

1 ブロッコリーは小房に分ける。

2 フライパンの六分目くらいまで水を入れて中火にかけ、煮立ったら塩小さじ1/2とブロッコリーを加える。再び煮立ってから1分30秒〜2分間ゆでてざるに上げ、湯をきる。

3 器に盛り、オイスターソースをかける。

[1人分35kcal 調理時間5 分]

 

※テキストには、「ゆでる」「蒸しゆで&蒸し焼き」「煮る」「揚げ焼き」それぞれのレシピを掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992852019_01_136

NHKきょうの料理 お届け冷凍レジピ ひとりぶん

2019年06月21日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992832019_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんの定番おかず

2019年06月21日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992802019_01_136

NHKきょうの料理 いつも家にある調味料で 食べ飽きないおかず

2019年05月21日発売

定価 1296円 (本体1200円)