料理

新顔食材「おからパウダー」の実力とは


2014.09.14

おから料理の定番「うの花」もおからパウダーで手軽につくれます。 撮影:原ヒデトシ

「おからパウダー」って何?

 

おからパウダーは、食物繊維やたんぱく質をたっぷり含んでいるおからを乾燥させ、粉状にしたもの。生のおからは傷みやすいが、おからパウダーは未開封なら長期保存も可能。栄養士でもある料理研究家の今泉久美(いまいずみ・くみ)さんによると「まずは、小麦粉やパン粉を使うときに一部をおからパウダーに置き換えて使ってみてください」とのこと。

 

種類いろいろ

 

現在、おからパウダーはさまざまなメーカーで生産され、スーパーマーケットやインターネット通販などで入手できる。粉末の状態はフレーク状から細かい粉末状までいろいろ。ほとんどの場合、水で戻さずにそのままほかの材料と混ぜて使えるので、いずれを使ってもよいが、お菓子などでふるった小麦粉と一緒に使う場合は、細かい粉末タイプがおすすめ。

 

サラサラの乾燥状態のおからパウダーだが、水を加えるとすぐに吸収し、4〜5倍にムクムクふくらんで、生のおからのような状態に。例えば煮物の場合、戻さずにそのまま煮汁に加えるだけで、煮汁をたっぷり吸ってしっかりした味わいに。

 

※テキストでは、おからパウダーを使った「うの花」「ゴーヤーたっぷりチヂミ」「おからのヨーグルトクッキー」のつくり方をご紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)