料理

すいかの皮は捨てないで! 体の熱を出してすっきりしよう


2014.08.22

すいかの皮の浅漬け 撮影:野口健志

お盆も過ぎましたが、残暑はまだまだ続きます。食べ物を工夫して、少しでも涼しく過ごしたいものですね。料理研究家・管理栄養士の植木もも子さんによると、すいかの皮には利尿作用があり、体の熱を外に出してくれるのだそう。

 

*  *  *

 

庭仕事などをして汗をたくさんかいたときは、本能的にすいかが食べたくなります。水分が多くて甘いので、渇きや疲れが取れるんです。中医薬膳学では、すいかには体の余分な熱を取り、渇きをいやし、暑さによるイライラを取り除く作用があるといわれています。体の熱は尿や便、汗によって外に出されますから、利尿効果のあるすいかは最適です。

 

すいかの皮は果肉以上にその効果がありますので、捨てずに浅漬けにしてストックします。スープのほか、ツナやハムとサラダにしてもおいしいですよ。冷たいものを食べすぎて胃腸が冷えているときや、トイレが近いときは控えめに。

 

すいかの皮

 

中国の伝統医学に基づいた薬膳を学ぶ中医薬膳学では、すいかには体の熱を取る作用があるといわれている。すいかの皮はその作用が果肉より強いとされる。1日15〜30gが適量。

 

※すいかの皮を使った浅漬けやピクルス、スープのつくり方を『きょうの料理 2014年8月号』でご紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理』2014年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333012019_01_136

NHKまる得マガジンプチ みそ玉

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333032019_01_136

賢い冷蔵庫

2019年09月05日発売

定価 1404円 (本体1300円)