料理

食欲不振には、さんしょう・シナモン・カレー粉の3つの生薬がおすすめ!


2014.08.05

撮影:蛭子 真

連日の暑さで食欲が出ないという方は多いのでは? そんなときは生薬(しょうやく)の力を借りましょう。薬学博士の伊藤美千穗(いとう・みちほ)さんと料理研究家の杉本節子(すぎもと・せつこ)さんが、生薬を使ったとっておきのレシピをご紹介します。

 

*  *  *

 

食欲不振にはさまざまな理由がありますが、夏バテからくることも多いもの。暑いと体温を調節するために、汗をいっぱいかいて体が疲れてしまったり、体の中の水分が足りなくなり、軽い脱水状態になることも。屋外の暑さと室内の冷房の激しい温度差などもあり、複合的な原因で夏バテし、なんとなく食欲がない状態になるのです。そんなときは、生薬にも使われている香辛料(スパイス)で、五感を刺激し、食指が動くようにしましょう。身近なさんしょう、シナモン、カレー粉の香りで、体の中の「元気のもと」をめぐらせて、食欲を回復させるのがおすすめ!まずは、さんしょうを使ったおばんざいレシピを紹介します。

 

きゅうりとたこのさんしょう甘酢あえ

 

歯ざわりのいいきゅうりと、相性のいいたこを合わせた酢の物。余ってしまいがちな粉ざんしょうは、甘酢に混ぜて使うといいでしょう。調味料を使いきるのも、おばんざいの“始末の心”です。

 

材料(2人分)

きゅうり…1本

ゆでだこの足 … (小)2本(約50g)

さんしょう甘酢(●の材料を合わせる)

●米酢・砂糖・水…各大さじ1

●うす口しょうゆ…小さじ1と1/2

●塩…一つまみ

●粉ざんしょう…小さじ1/3

●しょうが汁…小さじ1

粉ざんしょう … 少々

◎塩

 

つくり方

1 きゅうりは薄切りの要領で、包丁で5〜6回、切り目を入れながら、切り落とす。これを繰り返す(または薄切りにする)。水カップ1に塩大さじ1を溶かした塩水に放し、15分間おく。しんなりしたらざるに上げ、サッと洗って水けを十分に絞る。

 

2 ゆでだこは食べやすい大きさのそぎ切りにする。

 

3 ボウルにさんしょう甘酢の材料を入れ、よく混ぜ合わせる。きゅうりとたこを加えてあえる。

 

4 器に盛り、粉ざんしょうをふる。

 

さんしょう

 

「山椒(サンショウ)」の成熟した果皮で、できるだけ種子を取り除いたもの。舌を麻痺(まひ)させる辛みがある。粉ざんしょうとして市販されている。

◎芳香性健胃作用、鎮痛作用

 

『まる得マガジン おいしく! 元気に! 生薬でおばんざい』では、シナモンとカレー粉を使ったおばんざいレシピを、料理研究家の杉本節子(すぎもと・せつこ)さんが提案しています。

 

■『NHKまる得マガジン おいしく! 元気に! 生薬でおばんざい』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)