料理

夏バテ解消のカギは辛み


2014.08.13

撮影:砂原文

『きょうの料理ビギナーズ』の連載「プチッと薬膳 食べる のち 晴れ」では、国際中医薬膳師のナガタ ユイさんが、季節に合わせて手軽に取り入れられる薬膳料理を提案しています。8月のテーマは「夏バテ解消」。とうがらしで食欲を促し、夏野菜で疲労回復と水分調節ができる献立に仕上がりました。

 

*  *  *

 

太陽が照りつける8月は、暑さに負けて、ついつい冷たいものをとりすぎてしまいます。そのため、おなかが冷えて食欲不振や消化不良、そして夏バテなんてことも。こんなときこそ、しっかり食べたいですよね。

 

まずは食欲を促す、とうがらしの力を借りてみましょう。今回のスープは、とうがらしが主原料のコチュジャンでベースをつくり、夏野菜のオクラやかぼちゃで胃腸の働きを高めて、食欲増進&代謝アップの組み合わせにしました。薬膳の考えではとうがらしは熱性に位置し、体を温める作用がとても高い食材です。発汗を促したり、余分な水分を取り除く効果もありますが、体がほてっているときには、とりすぎに注意しましょう。今回は辛みが適度に効いたスープで、胃腸からじんわりと温まってきます。

 

スープに合わせたとうもろこしご飯は、甘い実の部分と一緒にひげも混ぜ込んで炊いたものです。胃の働きが高まるとともに、体内の余分な水分が外に出ることで、滞っていたエネルギーが体を巡りはじめます。

 

そして仕上げは、真夏の果実“すいか”で水分補給。弱っていた体が、少しずつ復活してきませんか?

 

「豚肉とオクラのスンドゥブチゲ風スープ」と「とうもろこしご飯」のつくり方は、『NHKきょうの料理ビギナーズ 2014年8月号』に掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000066462592019_01_136

別冊NHKきょうの料理 いまどき定番ごはん

2019年01月18日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992732018_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック 切って冷凍、ムダなく保存 “凍らせ野菜”で時短おかず

2018年11月19日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992762019_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック 野菜ストックで秒速ごはん

2019年01月18日発売

定価 972円 (本体900円)