料理

ビギナーにおすすめ! シェフ直伝の具だくさんペンネ


2014.07.08

撮影:岡本真直

7月号の『きょうの料理ビギナーズ』の特集は「シェフが伝える夏の麵」。シェフ直伝のおいしい麺料理をマスターしましょう。スパゲティよりのびにくく、ビギナーにはうれしいショートパスタのレシピを、イタリア料理レストランのオーナーシェフ眞中秀幸(まなか・ひでゆき)さんに教わります。

*  *  *

小えびとズッキーニのトマトペンネ

淡泊な素材もトマトを加えることで、うまみとコクがアップ! ショートパスタのゆで加減は、必ず食べて堅さの確認を。

材料(2人分)
ペンネ…160g
むきえび(小)…100g
ズッキーニ …1/3本
トマト…1/2コ
にんにく…1かけ
エクストラバージンオリーブ油…大さじ3
白ワイン…大さじ4
[常備品]塩

[下ごしらえをする]
1 大きめの鍋にたっぷりの水(約4ℓ)を入れて強火で沸かし始める。ズッキーニは縦半分に切り、横に2mm幅に切る。トマトはザク切りにする。にんにくはラップで包み、上から包丁の幅広い面で押さえてつぶす。

2 エクストラバージンオリーブ油とにんにくを鍋に入れて弱火にかける。鍋を手前に傾け、たまった油の中でにんにくがきつね色になるまでじっくり火を通し、香りを引き出す。

[ペンネをゆでる]
3 1の湯が煮立ったら、塩大さじ1強(約20g/湯の0.5%)を入れる。ペンネを入れ、底にくっつかないようにすぐにかき混ぜる。

4 再び煮立ったら火を少し弱め、フツフツするくらいの火加減で、アルデンテよりやや堅めにゆでる(目安は表示時間より1分間短め)。

[ソースをつくる]
5 ペンネをゆでている間に、2にむきえびとズッキーニを加えて中火で炒める。

6 火が通ったら、白ワインを加えてフツフツと煮立たせ、軽く煮詰める。トマトを加えてさらに炒め、塩二つまみ(2g)を加える。

[仕上げる]
7 ペンネを1つ食べ、少し歯ごたえが残る程度になったら、ざるに上げて湯をしっかりきり、ゆで汁玉じゃくし1 杯分(カップ1/2)と一緒に6に加える。木べらでゆっくりとやさしく全体をあえ、塩少々で味を調える。

[1人分530kcal 調理時間25分]

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加