料理

コウ ケンテツさんおすすめ! 梅干しを香ばしく焼いたご飯のお供


2014.06.14

にんにく焼き梅 撮影:木村 拓(東京料理写真)

ご飯がすすむ小粋なおかずを、料理研究家のコウ ケンテツさんが提案する「きょうの料理ビギナーズ」の連載「米(My)定食 めし友」。6月号では梅干しを香ばしく焼いた「にんにく焼き梅」を紹介しています。

*  *  *

梅干しは、昔ながらのご飯の供。市販の梅干しでも肉厚であれば、直火で焼くと、ふっくらおいしくなります。その利点を生かしたレシピが「にんにく焼き梅」です。

■材料(つくりやすい分量)
梅干し…4コ
にんにく(みじん切り)…1かけ分
ごま油…大さじ1


1 梅干しは焼いたとき破裂しないよう、皮を少し破る。
2 魚焼きグリルにアルミ箔(はく)を敷き、1をのせる。その上に、にんにくを散らし、ごま油をかける。軽く焼き色がつくまで、強火で両面を焼く。片面焼きグリルの場合は、途中上下を返す。

[全量130kcal 調理時間8分]
※粗熱を取って密封容器に入れ、冷蔵庫で約3日間保存可能。

テキストではこの他に「いかと梅のなめろう風」「梅とめかじきのコロコロ甘酢煮」のレシピを掲載しています。

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992632018_01_136

シンプルがおいしい 飛田さんの野菜レシピ

2018年04月19日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000061992562018_01_136

きょうの料理 飛田和緒の 朝にらくする春夏秋冬のお弁当

2018年02月14日発売

定価 1188円 (本体1100円)