料理

凍ったまま調理で簡単、おいしいメインディッシュ


2014.06.01

鶏スペアリブとキャベツのハニー粒マスタード蒸し 撮影:吉田篤史

『きょうの料理ビギナーズ 2014年6月号』では、「おうちフリージングで冷凍庫はレストラン」と題し、素材にひとテク加えたいろいろな冷凍方法を特集しています。調味料と食材をジッパー付き保存袋に入れて冷凍する“下味冷凍”の利点と、レシピを料理研究家の藤井恵(ふじい・めぐみ)さんに教えていただきました。

 

*  *  *

 

下味冷凍はココがスゴイ!

 

1 肉や魚に味がよくしみ込み、普通の下味つけよりおいしくなる!

 

2 味つけの手間がないってラク! なーんにも考えなくてもでき上がり。

 

3 解凍しながら火を通すから、肉が堅くなりにくい。

 

ハニー粒マスタード味肉ストック

 

材料(2人分)

【A】 (下記5種の調味料)

にんにく(すりおろす)…1かけ分

粒マスタード…大さじ1

酒…大さじ1

はちみつ…大さじ1/2

塩…小さじ2/3

 

鶏スペアリブ(※)…300g

 

※鶏手羽中を半分に切って市販されているもの。手羽中の2本の骨と骨の間を関節から切り離しても同様につくれる。

※食べやすく切った鶏(もも、むね)肉、豚肉(豚カツ用)200gでもOK。

 

ジッパー付き保存袋にAと鶏スペアリブを入れてよくもみ込む。空気を抜きながら平らにして口を閉じ、冷凍する。

 

冷凍するときの注意点

 

・薄く平らにして空気を抜く

空気が入ると霜がついて酸化しやすくなるので、空気を抜きながらジッパー付き保存袋の口を閉じる。また、金属製のバットなどにのせると早く冷凍でき、平らで収納しやすくなる。こうすると解凍時間と調理時間が短くなる。

 

・冷凍保存の目安は1か月

長く冷凍しておくと味は落ちてしまう。1か月くらいを目安に食べきりたい。

 

鶏スペアリブとキャベツのハニー粒マスタード蒸し

 

材料(2人分)とつくり方

1    フライパンにサラダ油小さじ1を広げ、肉ストック全量をほぐし、皮側を下にして並べる。キャベツ(4枚/ザク切り)、ミニトマト(8コ/ヘタを取る)をのせ、ふたをして中火にかける。

 

2 2 〜3分間ほどして肉が溶けてきたら強めの中火にする。肉に焼き目がついたらふたを外し、全体を混ぜてさらに5分間ほど炒める。

 

[1人分310kcal 調理時間15分]

 

テキストではこのほかにも、みそや梅肉、ナムプラーなど、さまざまな調味料を駆使した下味冷凍調理レシピを紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2014年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000066462592019_01_136

別冊NHKきょうの料理 いまどき定番ごはん

2019年01月18日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992732018_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック 切って冷凍、ムダなく保存 “凍らせ野菜”で時短おかず

2018年11月19日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992762019_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック 野菜ストックで秒速ごはん

2019年01月18日発売

定価 972円 (本体900円)