料理

使い方いろいろ! リッチな味わいのいちごシロップ


2014.04.18

撮影:公文美和

春になると、小粒のいちごが安く出回ります。砂糖漬けのシロップにして、旬のおいしさを閉じ込めましょう。バニラビーンズを加えるので、まるでスイーツのような、ふくよかな甘みでリッチな味わい。バニラビーンズは、使ったあとのものでも十分に香りが出ます。

 

水か炭酸水で3〜4倍に希釈して、いちごジュースに。しょうが汁を少し加えてキリッとさせても美味。かき氷のシロップにするときは、バニラの香りとよく合うコンデンスミルクをたっぷりかけるのがおすすめです。

 

そんな「いちごシロップ」のつくり方を料理研究家の中川たまさんに教えてもらいました。

 

材料(つくりやすい分量)とつくり方

 

1 いちご(小)300gはヘタを取り、水けをよく拭く。清潔な保存瓶に入れ、さやに切り目を入れたバニラビーンズ1/4本分、グラニュー糖(あればてんさいグラニュー糖)120gを加える。

 

2 毎日1 回上下を混ぜて、砂糖が溶けるまで常温に4 日~1 週間おき、冷蔵庫で保存する。[全量560kcal]

 

※いちごは1週間くらいで取り出す。シロップは約1か月間保存可能。さらに長期保存したい場合は、いちごを取り出したあとのシロップを鍋に移し、煮立たせるとよい。粗熱を取ってから保存瓶に戻し入れ、冷蔵庫で保存。約3か月間保存可能。

 

※取り出したいちごはそのまま食べたり、ヨーグルトやアイスクリームに混ぜたり、牛乳や豆乳、ほかのフルーツや野菜とミキサーにかけてスムージーにしたりして楽しんで。

 

■『NHKきょうの料理 ビギナーズ』2014年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000061992682018_01_136

甘みとうまみの究極の万能酢! レーズン昆布酢 健康レシピ

2018年07月12日発売

定価 810円 (本体750円)

000066462582018_01_136

別冊NHKきょうの料理 シニアの健康サポート!1人分の簡単レシピ

2018年09月18日発売

定価 864円 (本体800円)

000061992622018_01_136

きょうの料理 斉藤辰夫のいちばんかんたんな和食

2018年04月19日発売

定価 1080円 (本体1000円)