料理

見た目も楽しい「もやし」のごちそう


2014.01.19

もやしの牛肉巻き 撮影:蛭子 真

安価で栄養もある食卓の強い味方、もやし。京都の料亭主人、村田吉弘(むらた・よしひろ)さんが、切り口からもやしがのぞくユニークな「牛肉巻き」を提案する。

 

*  *  *

 

もやしは安価ですが、節約料理にしか使わないのはもったいない。もやしは栄養もあるし、使い方しだいではごちそうになるんです。

「もやしの牛肉巻き」は、60℃の湯でシャキシャキの食感にしたもやしを、のりと牛肉で巻いて形づくります。こうすると断面もおもしろいし、食卓に出すと「わっ!」と声が上がります。こんな驚きも、おいしさのうち。ひげ根と豆のうまみはだしとして使い、無駄にしません。もやしも意外なプレゼンテーションで、こんなに楽しくなるんですよ。

 

【材料】(2人分)

豆もやし…(ひげ根と豆を取った正味)70〜80g

牛薄切り肉…2枚(80g)

のり(牛肉の大きさに合わせて切る)…2枚

煮汁(水…カップ2、うす口しょうゆ…大さじ1、塩…小さじ1/3)

細ねぎ(小口切り)…適量

●小麦粉・塩・黒こしょう(粗びき)

 

熱量:130kcal 調理時間:25分

 

1 豆もやしはひげ根と豆を取る(ひげ根と豆はとっておく)。煮汁を鍋に入れて火にかけ、60℃(鍋肌がフツフツと小さく泡立つくらい)になったらもやしを入れて1分間ほど温度を保ちながら加熱する。

 

2 もやしを、ボウルで受けたざるにあけて冷ます。煮汁は鍋に戻し、1のひげ根と豆を入れて火にかける。ひと煮立ちしたらざるでこし、煮汁をとっておく。

 

3 のりにもやしの1/2量をのせてクルクルと巻く。牛肉を広げて小麦粉をふり、のりで巻いたもやしをのせ、クルクルと巻く。もう1本も同様につくる。

 

4 鍋に2の煮汁を入れて火にかけ、沸騰したら3を入れて火を止める。ふたをして10分間おいたら取り出し、3等分して器に盛る。

 

5 4の煮汁は塩少々で味を調えて温め、4の器に適量を注ぐ。細ねぎを散らし、黒こしょう適量をふる。

 

■  『NHKきょうの料理』2014年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333012019_01_136

NHKまる得マガジンプチ みそ玉

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333032019_01_136

賢い冷蔵庫

2019年09月05日発売

定価 1404円 (本体1300円)