料理

急ぎのときこそ鍋でご飯を炊こう! さんまとまいたけの炊き込みごはん


2013.12.27

さんまとまいたけの炊き込みご飯 撮影:岡部留美

遅く帰ってきた日に限って冷凍ご飯がない! 「そんなときこそ、チャチャッとお鍋で炊いちゃいましょ!」と提案するのは、フードコーディネーターのSHIORIさん。待たずにつくれる「さんまとまいたけの炊き込みご飯」のつくり方を教えていただきました。

 

*  *  *

 

編集部b(以下編):炊飯器にかけると……ご飯を食べられるのは、いったいいつ!? て感じですね。

 

SHIORIさん(以下S:炊飯器で普通に炊くと、自動的に「浸水」の時間が含まれているから、時間がかかってしまいます。急いでいるときは浸水を省いて、チャチャッとお鍋で炊いちゃいましょ!

 

:え、鍋炊き? 突然ハードルが上がったような……。

 

S:そんなことないですよ! 鍋を強火にかけて沸騰したら弱火にして15分、あとは10分間蒸らすだけ。

 

:あ、さんまの缶詰を入れるんですね。缶詰1コって、意外に具だくさんで豪華! なんだかうれしくなっちゃいます。

 

S:これのお楽しみはね、だし茶漬けにできるところなんです。たっぷりあるから、2杯目は好みの薬味と、だしをかけて食べてみて。だしは手軽に、顆粒(かりゅう)の和風だしを湯に溶

いたものでもいいですよ。

 

:おいしいーっ! すごくホッとする味。疲れて帰ってきた体に、しみますっ!

 

S:具入りだからおかずもいらないし、だしをかければ汁物の代わりにも。1品で大満足のメニューなんです。

 

【材料】(1〜2人分)

米…180ml(1合)

さんまのかば焼き(缶詰)…1缶(100g)

まいたけ…1/2パック

しょうが…2かけ

A(めんつゆ〈3倍濃縮〉…大さじ1 酒…大さじ1 塩…小さじ1/2)

細ねぎ(小口切り)…適量

刻みのり・わさび・だし…各適宜

 

熱量:400kcal(1人分) 調理時間:30分

 

1 米は洗ってざるに上げ、水けをきる。まいたけは細かくほぐし、しょうがはみじん切りにする。

 

2 小さめの鍋に米、A、水180mlを入れてサッと混ぜ、しょうが、まいたけを加え、さんまのかば焼きを汁ごと散らす。

 

3 ふたをして強火にかけ、沸騰したら弱火にして15分間炊く。仕上げに1分間強火にし、火を止めて10分間蒸らす。よく混ぜて茶碗(わん)に盛り、細ねぎを散らす。好みでのり、わさびを添え、だしをかけて食べてもよい。

 

■『NHKきょうの料理 ビギナーズ』2013年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992872019_01_136

ごはんづくりが楽になる!みんなのきょうの料理ランキング クイック&ストック ベスト100レシピ

2019年10月21日発売

定価 660円 (本体600円)

000000333042019_01_136

卵、牛乳、バターを使わないのに、驚くほどおいしい しぜんなおかし

2019年10月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1045円 (本体950円)