料理

ご飯のお供、酒の肴にも! おいしくて便利な万能「真っ黒だれ」


2013.03.04

密封容器に移し、冷めたらふたをして冷蔵庫に入れる。約3週間を目安に使いきる
撮影:岡本真直

手間をかけずにおいしい料理をつくりたい!そんな願いをかなえてくれるのがまとめてつくっておける「たれ」。料理研究家の小田真規子(おだ・まきこ)さんに、ご飯がすすむ「和風真っ黒だれ」を教えていただいた。

 

*  *  *

 

たっぷりのえのきだけと焼きのりを煮詰めた和風だれ。のりのつくだ煮と、味つけなめたけを合わせたような味わいです。磯の香りと、えのきだけのうまみがギュッと詰まり、そのままご飯のお供や酒の肴にも。あえ衣や味つけに使えば、ご飯によく合う絶品メニューができ上がります。

 

【材料】(つくりやすい分量※)

えのきだけ…(大)2袋(300g)

焼きのり(全形)…4枚

しょうゆ…大さじ6

みりん…大さじ4

 

熱量:340 kcal(全量) 調理時間:15 分

※約300ミリリットルできる。

 

【つくり方】

1 下ごしらえをする

えのきだけは根元を切り落とし、1cm 幅に切る。のりは1~ 2cm四方にちぎる。

 

2 材料を合わせる

鍋に1を入れ、しょうゆ、みりんを加えて混ぜる。

 

3 中火にかける

ふたをして中火にかけ、約3分間煮る。

 

4 混ぜる

ふたを外して上下を返し、絶えず混ぜながら4〜5分間、水けがほとんどなくなるまで煮る。

 

◎「和風真っ黒だれ」の活用ポイント

 

ご飯との相性のよさを生かしてチャーハンの味つけに使ったり、ゆでたパスタをあえたりすると、香りのよい、和風テイストの一皿になります。蒸し鶏やゆで豚にかけたり、角切りにしたトマトやゆでたほうれんそうにあえたりするのもおすすめです。湯を注げば、即席の和風スープができ上がり。お弁当に添えると重宝します。

 

 

■  『NHK きょうの料理 ビギナーズ』2013年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992872019_01_136

ごはんづくりが楽になる!みんなのきょうの料理ランキング クイック&ストック ベスト100レシピ

2019年10月21日発売

定価 660円 (本体600円)

000000333042019_01_136

卵、牛乳、バターを使わないのに、驚くほどおいしい しぜんなおかし

2019年10月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1045円 (本体950円)